台風準備はできていますか?


こんにちは。
佐藤塗装店 ガイソー宮崎店です。

梅雨が明け、暑い毎日が続いていますね。熱中症には充分に注意し水分補給などをこまめにおこなってください。
また、梅雨が明けて心配になってくるのが台風です。
先日も台風が接近し、大雨で不安な状況になっていました。

台風に備え、お住まいが雨漏りなどの被害に遭わないためにも、メンテナンスが必要となります。
家にとって雨漏りはとても厄介なものです。
雨が侵入してくることで、木部の腐食などを引き起こし、修繕などには莫大な費用が掛かる事もあります。
こういった事を防ぐために、事前にどんなメンテナンスが必要となってくるか見ていきましょう。

屋根のメンテナンス

多くの家に使用されているスレート屋根ですが、メンテンナンス時期を過ぎてしまい劣化が進行しているものは薄くはがれやすい状態になっています。このような状態の屋根材は強風で剥がれてしまう可能性があります。
屋根材の割れでは、直接的な雨漏りに繋がる事は少ないですが、屋根材の下に敷いていあるルーフィング(防水シート)がむき出しになる事で雨漏りのリスクが格段にあがってしまいます。

また、棟板金の釘が浮いていたり、抜けやすい状態で強風を受けてしまうと棟板金が剥がれてしまう事もあります。台風時に非常に多い被害です。

変換 ~ 22441879.jpg

こういった被害を事前に防ぐために、定期的なメンテナンスは大変重要です。
屋根の塗装を行う事で、防水性を高め、劣化を防ぐ事ができるので強風にも耐える事ができます。
塗装の際には、屋根材の浮きや、釘の浮き、棟板金の浮きなどもしっかりと補修しますので、
台風対策にもつながります。

その他に雨樋などは、枯れ葉などは溜まっているケースが多く、詰まってしまい大雨などで雨樋に負担をかけ破損にもつながってしまいます。定期的な清掃やメンテナンスを心掛けておくことが大切です。


外壁のメンテナンス

通常の雨ではあまり被害を受けにくい外壁ですが、劣化している状態の外壁は台風などの横殴りの雨に打たれ外壁から雨漏りをしてしまう事もあります。

こういった場合の雨漏りの原因の多くは、シーリングの経年劣化です。
外壁と外壁の間の目地の様なものがシーリングです。
このシーリングが、痩せていたり、破断、劣化をしている場合は、必ずメンテナンスをおこなってください。

雨水がシーリングの隙間から、外壁材に浸透し外壁が腐食してしまう事もあります。
腐食してしまった場合は、外壁のボードを交換しなければいけません。
こういった事態にならに為にも、定期的なメンテナンスは大変重要です。

変換 ~ 23979077_s.jpg


台風対策を万全に行っていても、近年の台風の勢力は想像を超える勢力のものもあり、被害に遭ってします可能性もあります。
もし、家の破損などがあった場合は、火災保険を是非利用してください。
ご存知の方も多くいらっしゃるとおもいますが、火災保険が火事以外の災害などにも幅広く対応している保険です。
(風災や水災、落雷、積雪など)
保証内容などは、火災保険を契約している内容で異なりますので、加入している保険会社さんにお尋ねください。

弊社は、火災保険を申請の資料やお見積も無料でおこなっております。
もちろん、通常のお見積も無料です。

先ずは、災害の被害に遭わない為に、事前の準備を心掛けましょう。
防災マップの確認や懐中電灯などの準備もお忘れなく!

最後までご覧頂き、ありがとうございます。


弊社では、戸建て住宅の塗装工事を始め大型施設やマンション等の改修工事も請け負っております。

塗装等に関して、ご質問などがある方は是非お気軽にお問合せください。

☆お問合せはこちらから☆

フリーダイヤル:0120-570383  ㈱佐藤塗装店 ガイソー宮崎店





令和4年度 安全大会を開催


皆様、こんにちは。

2022年6月16日に開催された、安全大会の様子についてお伝えいたします。
毎年開催している安全大会ですが、今年は、参加者の人数が増えたため会場を借りての開催になりました。
昨日は、梅雨時期の貴重な晴れ間ではありましたが、職人の方々もご出席くださり誠にありがとうございました。

工事を行う際に一番重要な事は、「安全」です!
社員一人一人が、再確認する事で、出来る限りの事故を減らし安全な施工を心掛けて参ります。




【代表取締役社長 堂地より】開会の挨拶




【巣山・原川より】安全に作業を行うための心得





参加者も真剣に話を聞き、更に安全意識を高めてくれたと思います。







【表彰】お客様アンケートの結果や施工品質の高い4名が表彰を受けました。
また、箕田君は宮崎県最年少で建築塗装2級技能士に合格しました!おめでとうございます。
今後の活躍を期待しています。

また、職長の兒玉さんは毎日ハードな業務をこなしながら、2級建築施工管理技士に一発で合格しました。
おめでとうございます。日々努力されていた事を、本当に尊敬いたします。






最後に全員で集合写真を撮りました。(撮影の時のみ、マスクを外しています)

今後はさらに、安全意識を高め事故ゼロを目指し業務に励んで参ります。
また、施工品質の向上・お客様満足度の向上も目指して努めて参りますので
今後とも、㈱佐藤塗装店並びにガイソー宮崎店をよろしくお願いいたします。











工場塗装の重要性について


皆様こんにちは!
㈱佐藤塗装店です。

本日は、工場塗装のタイミングやメリットについてお伝えいたします。

変換 ~ 22568893.jpg

■工場は塗装は必要なのか?
工場も住宅同様、塗装のメンテナンスが欠かせません。
特に工場では、日々の業務に支障がないような環境を一定に保つ必要があります。
美観だけでなく、防水性や遮熱性などその工場に応じた塗料を選定する事も重要です。

■工場塗装のタイミング
では、工場の塗装のタイミングとはいつ頃になるでしょうか?

・塗料の耐候年数を迎えた
・汚れが目立ってきた時
・遮熱性や防水性などの機能をプラスしたい時

・塗料の耐候年数を迎えた
塗料の耐候年数を超えてしまうと、塗膜の劣化が進行し塗装の効果が薄れている状態です。
早めに塗装をする事で、劣化を防ぐ事ができます。

・汚れが目立ってきた
汚れが目立ってきている状態は、塗膜の寿命が近づいてきているサインです。
劣化症状がはじまる前に、塗装する事で修繕費などの費用を軽減する事ができます。

・遮熱性や防水性などの機能をプラスしたい
遮熱性や遮熱性、防水性などをプラスしたいと考えている時は、塗装の絶好のタイミングです。
新たな機能をプラスして、建物の寿命を伸ばす事ができます。
塗料にもさまざまな種類があるので、ご要望に沿った塗料をご提案いたします。


■工場塗装のメリット
工場塗装のメリットとして、塗装をする事で建物の寿命を伸ばし資産価値が上がる事です。
また、綺麗に工場を保つ事で、社会的信頼を得る事ができます。(ボロボロで、清潔感のない工場だと不安になりますよね・・・)
遮熱塗料等使う事で、工場内の環境を快適にし、空調の使用頻度を抑える事ができます。
これは、環境への配慮にもつながります。

■工事の期間について
工場の大きさによって工期は前後しますが、大体1ヶ月~2ヶ月程度です。
また、工場での業務に支障がでないように、事前に業者へ見積を依頼し、業務の内容などを
事前に伝えるておくことも重要です。

変換 ~ 390172_s.jpg
■工場塗装の業者選び
施工実績が豊富にある
大規模の改修工事などの実績がある
有資格者の職人がいる
予算に応じた対応をしてくれる
見積・診断が無料

佐藤塗装店では、宮崎県や宮崎市より依頼を受け、公共工事などを数多く施工しております。
また、大規模工事・工場の塗装工事等経験豊富な実績がございます。
もちろん、お見積・ご相談は無料です。
お客様のご要望に沿ったプランをご提案いたします。
有資格者も多数在籍しております。
どうぞお気軽にお問い合わせください♪


☆お問合せはこちらから☆

フリーダイヤル:0120-570383  ㈱佐藤塗装店 ガイソー宮崎店








守る 装う 生まれ変わる はじめにお読み下さい ページを移動します 動画 外壁塗装キャンペーン WEB限定価格 ページを移動します 戸建住宅専門の来店型ショールーム ページを移動します タテイル 外壁塗装 ページを移動します 火災保険 ページを移動します 外壁屋根診断 無料診断 相談 ページを移動します 雨漏り 緊急対応 無料診断 相談 ページを移動します リフォーム価格表